表現の部・更新記録

2013/11/12:
「イーハトーブ・バウハウスの実験」展を追加。

2012/09/10:
ペンタブ、家庭菜園、フィギュアについて追加。

2011/09/12:
新しい絵画表現について追加。

2011/05/31:
オリジナル料理について追加。

2011/05/02:
フィギュアについて追加。

2010/08/31:
ネイルモデルについて追加。

2010/04/07:
アートショウについて追加。

2006/04/11:
自然との関わりについて追加。

2006/03/14:
CSSによるWebページデザインに完全リニューアル!

dr.kenta

ペンタブでも描画!


ペンタブレットも道具にすきません。
道具を使いこなすには練習が必要です!
ペンタブ練習「ミニトマト」

update: 2012/09/10

日常生活における造形表現


季節毎のイベントでもぜひ造形を楽しみましょう。
この「おばけカボチャ」は種から育てましたよ!
ジャック・オー・ランタン(2006年)

update: 2006/04/11

身体表現?


イメチェン前の私・・・。
これも確かに自己表現です・・・。

update: 2006/03/20

ネイルモデル!


男らしくない手がコンプレックス・・・
でも逆転の発想でネイルモデルに挑戦です!

update: 2010/08/31

家庭菜園!


家庭菜園での収穫の喜び。
自然の恵みを自宅で体験できます!
ある夏の日の収穫

update: 2012/09/10

オリジナル料理!


家庭菜園で収穫したもので料理。
素材は新鮮で安全だし、オリジナル料理を考えるのも楽しいですね!

update: 2011/05/31

表現の多様性

今日、情報工学による表現技術の開発によって、自己表現の可能性は益々拡大してきています。
なぐりがきをしたり、粘土をこねたり、歌を口ずさんだり、そんな素朴で大切な表現から、さらに自分の可能性を試してみたいと思いませんか?

私はこんなことをやってみました:

ヴィジュアル表現
グラフィック
Flash
VJ

サウンド表現:
サウンド・デザイン

ヴィジュアルとサウンドを分けて表記していますが、私のなかでこれらは一体化しています。
「聴こえるヴィジュアル」とか「映像を音楽のように奏でる」とかいうように、それらはつながっているのです。

3DCG:ソフィー(ヴァーチャル・ウーマン)

update: 2006/03/14

展覧会の企画・開催

「イーハトーブ・バウハウスの実験」展
DMデザイン
展覧会の記録

2013年10月に旧石井県令邸(盛岡市)にて「イーハトーブ・バウハウスの実験」展を企画・開催しました。

総合芸術、アート&テクノロジー、コラボレーション、今日的な表現に向けた実験など、平面作品からメディアアート、インテリアまで。

update: 2013/11/12

新しい絵画表現の試み

「輪」(WA)によるイメージ生成
作品「WA-MOE 春」「WA-MOE 秋」

この絵は一本の麻紐でできています。
この麻紐の両端は結ばれ、一つの輪になっています。

英国エジンバラ芸術大学での「TOHOKU-SCOTLAND」展に出品(2011年)

update: 2011/09/12

フィギュア制作の試み

粘土による立体制作
作品「めばえ」(高さ約17cm):前面背面
プロセス:010203
「ヴィジュアル・カルチャー」に関わる表現研究の一環として試作。 様式としては、一般的なフィギュアと美術表現の中間あたりを意識しています。
第二弾の作品「きざし」(高さ約15cm):
010203

update: 2011/05/31

フィギュア制作の試み2

粘土による立体制作
作品「アウラ」(高さ約26cm):
前面背面トルソ

一般的なフィギュアと美術表現の中間あたりを意識していますが、メラメラと燃えるように沸き立ってくる「アウラ」を表現しました。

前作よりも一回り大きくなっています。

update: 2012/09/10

アートショウでの展示

映像インスタレーション
「断章・夢」

2010年、第3回岩手県公会堂アートショウ+(プラス)の参加作家として映像インスタレーションを試みました。
音楽と映像の融合を常とするVJとして活動していた私が、あえて音楽を切り離して展示する実験的映像作品となりました。

update: 2010/04/07

私の卒業制作

構成
有機的コンポジション(I~V)

抽象絵画のようにもみえますが、実は「構成」(ベーシック・デザイン)の卒業研究として制作しました。
幾何学的な構成に意図的に対峙するようにしたのです。私の着古したTシャツを細切れにして貼ったり、ろうそくのすすをつけたり、そんな素材感も大事にしました。

update: 2006/03/14

自然との関わりについて

土いじり

パソコンを使った制作について、従来の絵画制作に比べると自然・素材との関わりを希薄にするのではないかと指摘する人がいます。

その活動しかしないのなら、確かにそうでしょう・・・。

しかし!人間はいろんな活動をしています。例えば、私の第一の趣味は小さな家庭菜園だったりします。いわゆる「土いじり」です!自宅で収穫できたものの形や色は本当に私を魅了します。自然の生命体の素晴らしさを感じます!絵画のほうが・・・という理論は成立しません。

これまでに自宅で収穫したもの:
フキノトウ、フキ、タラノメ、トマト、キュウリ、ナス、カボチャ、ピーマン、ゴーヤ、ジャガイモ、サツマイモ、ハツカダイコン、パセリ、トウガラシ、ハバネロ、ブドウ・・・

update: 2006/04/11