Processingによるヴィジュアルデザインの基礎

~プログラミングによるヴィジュアル表現の体験~

課題:

Processingを使ってヴィジュアルデザイン(ベーシック・デザイン)を試みる。
さらに、インタラクティヴな設定を試みるのもよい。

方法:

ヴィジュアルデザインの感性(平面構成、色彩計画)に従い、Processingで作品化する。

Processingによるヴィジュアルデザインの練習データ(学内限定)

Processing 公式サイト

OpenProcessing(kenta motomura)

[エッセイ]本村健太「プログラミングによるビジュアル表現の愉しみ - Processingを使った事例について - 」
『情報基盤センター報告 Σ』3号(2017年度版:2018年3月発行) pp.46-52.

成果(H30DMT院生作品):

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16