EDUCATION

大学における教育活動

多様性への対応と地域連携に向けて

 

岩手大学ヴィジュアルデザイン研究室
(旧:映像メディア研究室)

東北地域とデジタルコンテンツ産業のための人材育成

 現代社会において価値の創造に取り組むことのできる人材育成を試みます。
 当研究室では、学生たちにベーシックデザイン(基礎造形)、ヴィジュアルデザイン(広告デザイン)、写真(画像処理)、漫画、イラスト、アニメーション、映像、Webデザイン、メディアアートなど多様なジャンルでの「学び」を仕掛けていきます。(芸術文化専修プログラムは小さな研究組織であるため、当研究室は比較的に広い表現領域を扱います。)
 当研究室の学生たちには、大学のなかの「温室」に安住することなく、地域の「大人」の方々と積極的に交流し、実践的に様々な角度から学んでいってほしいと思っています。

これまでの研究室卒業生の進路: デザイン制作会社、Web制作会社、ゲーム制作会社、映像制作会社、印刷会社、広告代理店、IT系企業、地方公務員、漫画家、アニメーター、イラストレーターなど